INFORMATION

2018.6.23(土)  6月23日

5月15日に帰国してからの日本滞在。
長かった滞在でしたが、アルバム「Sky」のプロモーションを始め全てを無事終えて、今日ロンドンに戻ります。
ロンドンを経ったときはまだ肌寒かったような気がしますが、今はもうロンドンも光に溢れる季節になっているようです。
楽しみ!
 
春から始まったアルバムプロモーションで、4月も約1ヶ月東京にいました。
4月末にロンドンに戻ったらすぐにパリに行き、5月の2週間だけロンドンの春を過ごしましたが、その間に夫は日本へ。
そして私の再帰国と夫のロンドン戻りは同じ15日で、私たちは顔を合わせることなく、空ですれ違いました。
先日夫は仕事で一瞬東京に来ましたが、その日の夕食だけ再会でき、翌朝からまたそれぞれの仕事へ。
もちろん娘とも会えません・・。
単身赴任でお仕事されている方やご家族の皆さんのお気持ちがよくわかるこの頃です。

最近はLINEやら何やらで繋がれますが、でもね・・やっぱり・・会いたいですよね。


 
しかし今回、日本でたくさんの方々にお会いする度に、私の中にエネルギーが溜まっていったように感じています。
疲れ果てていてもなんだか元気でした。
待っていてくださったみなさん、出会った方々、一緒に走ったスタッフのみんなに本当に感謝しています。
ありがとう!


さあ、今度はロンドンで笑顔と青空をチャージします。
そして夏にはまたコンサートツアーでお会いできるのを楽しみに戻ってきます!
みなさん、そして関西の地震で不安の中におられる方々も、どうか日々に笑顔を思い出しお過ごしください。
 

また会いましようね!


今井美樹

2018.6.18(月)  6月18日

建物がギシギシと鳴る音で目が覚めた今朝。
大阪が震度6の地震でした。
すぐに観たニュースでその大きさに驚きました。

被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。

まだ余震は続くとニュースが伝えています。
心休まない日々が続くでしょうが、日々考えてきた、どうするべきか、を落ち着いて行って、とにかく怪我や体調不良にならないよう、出来るだけ落ち着いてお過ごしください。

どうかどうか心に微笑みと青空を浮かべてお過ごし下さい。




今井美樹

2018.6.17(日)  6月17日

久しぶりに大きな空を見上げている日曜日。
東京を離れた街で、光と雲が織りなす空が美しい。
梅雨の時期に出会えたこんな空に心が緩みます。


アルバム「Sky」はみなさんの日々に届いていますか?
みなさんそれぞれの空と繋がれていることを願っています。

「Sky」のプロモーショは一段落。
観ていただけていますでしょうか?
でもまだいろんなところでヒョイと現れますので、テレビ、ラジオ、そして雑誌などチェックしてみてください!
 
私はもう少し日本にいます。
アルバムがリリースになってから、やっと自分もリスナーとして「Sky」を聴けるようになりました。
今更気づいたこともあり。
そう、だからこれからまだまだみなさんに伝えたいことがある、と思っています。
今度は歌ってそれを伝えていきたい。
8月に始まるコンサートツアーで、直接この歌を伝えられることが楽しみです。
ロンドンに戻って、また心に空を映してきます。
楽しみにしていてください。


日本もあと少し。
梅雨でもなんだか愛おしい時間。
日本の空の色、これも私の空。
 
大好きな空です。



今井美樹

2018.5.15(火)  5月15日

ハロー 東京 !!



今井美樹

2018.5.1(火)  5月1日

晴れた!




今井美樹

2018.4.29(日)  4月29日

ここのところ肌寒かったロンドン。
しかし昨日今日は、完全に冬モード。
寒い、本当に。
今日は日中も8℃までしか上がらず。
普通にタートルのセーターを着ています。

晴れないと、こう。
お日様の威力をつくづく感じます。

まだまだダウンもクリーニングに出せないな。


日本は夏日のゴールデンウィークだとか。
花々や木々が勢いよく広がっていく季節。
キラキラした景色を、目に心にいっぱい取り込んで、笑顔溢れる春をお過ごし下さいね!



今井美樹

2018.4.26(木)  4月26日

一昨日ロンドンに戻って来た。
日本が真夏日もあったように、数日前ロンドンも30℃近くまで上がったらしいけれど、私が戻って来たときには、いつものように14℃というロンドンらしい陽気に。
それでも、3月末にロンドンを発った頃とは景色が激変していた。
まだ枯れた枝がむき出しだった木々は、柔らかな若葉で彩られ、街のあちこちで鮮やかなピンクの手毬桜や淡い紫色の藤が揺れている。
白い小さなジャスミンの香りに思わず振り返り、粉雪のように風に舞う小さな花びらに心が踊る。

あぁ、嬉しい。

体じゅうが喜んでいる。

やせっぽちだった庭もふっくらと育ってきて、可愛くて仕方ない。
一日に何度も庭に出ては、風の音を聞きながら空を見上げている。
 
 
今日も空はまぶしい。




今井美樹

2018.4.14(土)  4月14日

今日は私のバースデーだった。
55 という数字がなんだか不思議な感覚。
未知の領域に入る感じなのかな。
この気分は初めて。


私の誕生日であり、母にとっても大イベントだった日。
55年前のこの日、頑張った彼女にありがとう!を伝えたくて、母宅に行った。

考えてみたら、母と二人で誕生日を過ごすのは初めて。
親子って一番近くて一番遠い関係。
甘えて、遠慮して、気を回しすぎて、そして傷つけたりもする。

そして今は母娘というより、一番話の合う仲間みたいな関係。

昨日の娘ロスもあり、その時々母がどんな気持ちで私の背中を見つめくれていたかを感じて、胸が痛くなる。

母が、「今年は今までと違って、娘というより、健康やいろいろな心配を抱える同じステージの存在のような気がする」と、言った。

わかる! そう、私もそんな感じ!

完全に新しい場所に立ったんだな…と思う。
彼女は、そんな私に伝えておきたいことがまだまだあるようで、今日も初めて聞く話などがポロポロ出てきた。
今更、へえ〜〜!? と思わず言ってしまうようなストーリーもあったりして、
改めて、人はみんなそれぞれにドラマティックな人生を生きているのよね〜と実感。
いつもはインタビューされる側にいるけれど、最近私の方が、いろんな人に根掘り葉掘り聞いてみたいと思うことがある。
まずは、母かな・・。

嵐のような思春期の娘とどう向き合っていたのか・・とか。



とにかく言いたい。

お母さん、本当にごめん。そして、ありがとう!!!




今井美樹

2018.4.13(金)  4月13日

夕べのバースデーディナーから戻り、間髪入れずにパッキングを始めた。
娘は一人でロンドンに戻ることになっていて、壊れ物や増えた荷物は私がスーツケースに詰め込んだ。
とにかく、学校の物だけは絶対忘れないでね!と最後まで細々言われながらあくびを噛み殺し一緒に荷物を詰め込んでいく彼女。

朝出発だから、とにかく早く寝て欲しくて、バタバタ片付けて、ようやくベッドに入った娘に おやすみ を言う。

私も一息ついてお風呂に入り、街も寝静まっている頃、彼女の部屋をのぞいた。
ティーンエイジャーの難しい年ごろでも、寝顔は無防備で、小さい頃の面影がある。


ふいに寂しさが押し寄せて、大きな涙がポロポロとこぼれていた。


忙しくて、顔を見るとつい小言ばかりだったな…。
どうしてもっと笑顔でいられなかったんだろう…。

後悔の気持ちが胸を締め付けた。


朝になり、バタバタと出かける支度をし、名残惜しむ暇もなく私達はハグして、彼女は出発した。



部屋に戻ると、窓に広がる青空があまりに美しく、急に訪れた静寂にため息の音だけが響く。




ダメだ。寂しくてたまらない。


娘ロス。


初めてのこの感じ。

上手くこなせない。




今井美樹

2018.4.12(木)  4月12日

今回、イースターホリデーで一緒に帰国していた娘が企画してくれたバースデーディナー。

私の友達に相談したりしていたみたい。

ステキなレストランで、素晴らしく美味しい食事と笑い声に溢れた忘れられない時間となりました。


ありがとう‼︎‼︎

お互いに忙しくてあまり一緒に過ごせなかったこの春。

最後にこんな夜を過ごせるなんて、切なくなるじゃない!



今井美樹

Archives