INFORMATION

2013.3.15(金)  忘れない

今日も風の強い一日でした。
小さな花をつけた庭の桜の木も、先週末から時折吹き荒れる風に揺られ、
ずいぶん花びらが散ってしまいました。
あちこちに色とりどりの花が咲き始め、春が近いことを教えてくれますが、
それでも、また一気に真冬に戻ってしまったようなこの1週間、
やはり心が少し縮こまってしまいます。


3月11日、この日も驚くほど寒い一日でした。
凍えそうな空気の冷たさに、出かける予定をひとつ諦めたほど。
はらはらと降り始めた粉雪が一転あっという間に吹雪になり、
車のフロントガラスはバチバチと音を立てて、ワイパーが全く間に合わない・・。
不穏な天気に、口数が少なくなる友人と私でした。

この日私は、日本大使館で行われた「東日本大震災二周年追悼式典」に列席させていただきました。
厳しい寒さの中、参列者の方々の列が、建物を出て歩道まで続いていました。 
車を降りてこの列に並ぼうとした時、
道路の反対側で「No Nukes !!!」と書かれた看板を持つ人達の声が。
彼らは大使館に向かってずっと大声をあげていました。
私は彼らの方を見つめ「わかってるよ!わかってる・・。」とつぶやきながら 、
今はまず、被災されまだ困難の中で日々を過ごされている方々、
そして無念の中で亡くなられた方々への祈りをさせて!!・・と心の中で繰り返していました。

着席して、式典の進行が書かれたリーフレットを手にすると、
表紙の真ん中に「忘れない」と手書きの文字。
全ての人の想いを代弁しているであろうこの言葉に、胸が熱くなり、
そして体の真ん中に、まっすぐ1本の筋が通ったような気がしました。
私には何ができるだろうか・・。
ずっと自問自答していましたが、この距離感の中で私にもできること、
何かしらそのはじっこを、ギュッと握ったような気がしました。

こちらに来て以来、日本を離れていることに、正直罪悪感を持っていたところがありました。
でも、今ここにいて、3・11という日は、日本だけでなく、
世界の忘れられない日であると強く感じます。

世界中どこにいても、私は忘れない、

決して忘れません。

どうか、そのことがまっすぐに伝わりますように・・。

ロンドンから想っています。


MIKI

Archives