2017.4.1(土)  2017年4月1日

寝起きを襲われ、またしても敗北感いっぱいで一日が始まった…。
腹立たしさと悔しさでまた毎年同じことを口走ってしまう。
『もうママ今日なんにもしないからね‼︎ 』

朝から大爆笑の夫と娘。
今日はエイプリルフール。
全くもう、本当に、どうしてそんなウソを思いつくのか…。
そして、どうして2人してそんな小芝居が上手いのか…。
彼女が幼稚園くらいの頃から、我が家は毎年驚くような出来事でこの日が始まっている。
初めは夫が娘に仕掛けていたが、すぐに娘が仕掛けるようになった。
夫が最初にやられ、その後2人で名芝居を打ってくる。
前日に、『あー明日はエイプリルフールだ。あの人達また仕掛けてくるな』と思っているのに、
何しろ寝起きというか、それで起こされるというか、不意を突かれるので完全にやられてしまう。

今日娘はちゃっかりそれを動画で撮っていた!
直後に観て、3人で爆笑!
朝からこんなに笑えるんだから、まあいいか。
そんな4月1日。





そして今日から長いイースターホリデーに入り、
我が家にはオーストラリアに留学している娘のお友達がやって来た。
オーストラリアから1人、途中ドバイでのトランジットを経て23時間のフライトでロンドンに到着。
初めてのイギリスだそう。
娘と空港に迎えに行ったがなかなか出てこず心配したが、娘の電話が鳴り
無事を確認、ホッとして待っていた。
しばらくして出て来た彼女は精悍で笑顔がとびきりチャーミングな14才。
ハグし合う2人がかわいい!

出てこなかったのは税関で止められたとのこと。
14才の一人旅、家出や何か問題があるのでは…と、質問、確認で時間がかかったらしい。
あー、そうか…いろんな可能性があるものね〜…と納得。

そんなことも自分でクリアして出て来た彼女に私は感心するばかり。
我が娘も、昨年ロサンゼルスから2人でロンドンに戻るときに、
久しぶりのロスの空港でウロウロしていた私を完全にサポートしてくれた。
いやー、この年頃の子ってしっかりしてるんだな〜と、我が子ながら感心したものだ。
親が思っているよりしっかりしてるティーンエイジャー。
そうかと思うと、まだまだ子供の14才。
面白いくらい振り幅があるこの年頃で大小様々な刺激を受けて成長する彼女達。
短い滞在だけど、たくさん笑って楽しい時間を過ごしてほしい。








                今井美樹

INFORMATION

Archives