INFORMATION

2020.12.7(月)  12月7日

朝1℃。真っ白い息が止まらない。今日は最高気温が3℃止まり。
いよいよまた冷たくてハンドルが握れない季節に入ります。


昨日ロンドンに戻ってきました。
それまで雨だったらしいけれど、着陸時には雨も止んで少し青空が見えてきたら、友人から「さすが晴れ女。Welcome back!」とのメッセージ。
寒いけどキリッとした空気が気持ちいい。
ほぉ~と深い息を吐いたら、緊張がほどけてくるのがわかって、どれほど緊張の毎日だったのかを改めて感じました。



11月26、27日、たくさんの方々のご協力のおかげで、東京 オーチャードホールでのコンサートを無事終えることができました。
感染者数がグンと増えたあの頃、渋谷に足を運んでくださった皆様に改めて感謝します。
そして、4日間のコンサートにお越しくださったお客様方、コンサート関係者の皆さんがその後もお元気で日常を過ごされていることを心から願っています。

そして、私も元気です。



Billboard Classics コンサート。
5月から11月に変更されてようやく実現できた奇跡のようなコンサート。
こんな厳しい状況の中開催まで漕ぎ着ける大変さ、そして目的の為の集中力、最後まで続ける努力、そして感謝。
関わり合った全ての人のそんな力が集まって叶った夢のような音楽の場。

もうダメだ・・と何回もへこたれそうになっては、いや、絶対なんとかする!と最後まで諦めずにいた自分自身にもよく頑張った!と優しくしてあげたい。
走りたいように走り切れたかはわからないけれど、それでもたくさんの方々が喜んでくださったことを素直に受け止めたい。

そしてたくさんの方々の力強いサポートがあれほど私を奮い立たせてくれていたことに、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。声が枯れるほどありがとう!!と言いたい。



あの音楽の場に居合わせた全ての人達の理解と覚悟、そして努力があって作りあげられた夢のような時間。
アンサンブルの力強く美しい迫力のサウンド、それらを彩り輝がせてくれた美しい映像、そして光と影で様々なシーンに連れて行ってくれた照明演出・・全てが一つに絡み合い、大きなエネルギーがコンサートというアートになりました。

ディスタンス
ディスタンス
ディスタンス・・


距離が私達に与えた影響は本当に大きい。
でも、会場のいた全員、いや、本当はあの場にいるはずだった方々の思いも含めみんなで、ディスタンスという壁を越えられたのではないかと思っています。

音楽は繋がる。
人の心も繋がる。
改めて、エンターテイメントの力を信じます。


今私はロンドンから、この距離を越えて皆さんと繋がっています。

本当にありがとう。
たくさんの人達の思いに感謝して、またゆっくり歩き始めたいと思います。



今井美樹

Archives