MIKI'S TALK

2020.11.24(火)

快晴の空の下、東京に向かっています。
緊張と疲労で縛られた体とホッとした幸せな気持ちが交錯し、しばしこの何もしない時間を味わっています。

22日、23日とフェニーチェ堺にて開催された
「billboard classics MIKI IMAI 35th Anniversary premium ensemble concert」が無事終了しました。
この日を迎えられたことが本当に夢のようで、ステージ上はもちろん会場の至る所でサポート、フォローしていたスタッフみんなでその喜びと感動を噛み締めました。
そして何より、大変な緊張感の中、開催の為の趣旨をご理解くださり会場に足を運んでくださったお客様方のおかげで、夢のような時間を作り上げることができました。
本当に感謝しています。ありがとうございました!

5月に開催されるはずだったこのコンサート。今年の異常事態の中、中止も当然考えなければならなかったけれど、コンサート関係者の皆さん方の最後まで諦めない、そして信じてギリギリまで重ねてきた努力のおかげで、延期という形で最後の最後まで緊張感を持って進めてきました。
集客数半分という状況やお客様方みなさんにマスクを着用していただくこと、そして声を出さないでいただく・・ということなど、楽しんでいただくみなさんにもいろいろなお約束をしていただかなければならない状況。
正直、ステージに上がった時の自分がどんな気持ちでいられるか、不安でもありました。
でも、アンサンブルの皆さんの美しい演奏が始まり導かれるように上がったステージから見えた客席は美しかったです。
半分のお客様、マスクに隠れて見えない表情、お客様にもうかがえる緊張感・・。
でも、それでも、すでに音楽の世界に包まれていた会場の景色は、美しかった。
音楽を愛する人たちの気持ちが溢れたその場所は特別。
あ~こうして皆で感じ合えることってやっぱり素敵!
胸がいっぱいでした。

私にとって音楽はサウンドトラック。
歌詞の世界だけでなく、そのサウンドが織りなす世界観に心を震わせられ様々なストーリに誘われてきました。
だから自分の作品にもそんな世界観を大切にしてきたつもりです。
音楽は人生の、様々なその瞬間の、そして心の旅を彩るサウンドトラック。
今回もそれぞれの世界を皆で自由に旅していただきたい。

この緊張感の中、来てくださった皆様のほんの少しでも心の旅のお供になれたのなら幸せです。


そしてもうすぐ東京です。
また新たな物語になるでしょう。
楽しみです。

お越しいただく皆さん、どうぞ、心の羽を伸ばして自由に旅をお楽しみください。



今回お会いできないみなさん、どうか毎日の中にさまざまな音楽を。
こんな時だからこそ、音楽はきっと支えになってくれます。


またいつの日か皆さんの笑顔に会えることを信じています。
その日まで、小さな微笑みを忘れずにいたいですね。
一緒に頑張りましょう。



今井美樹

Archives